コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボトロデンドロン Bothrodendron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボトロデンドロン
Bothrodendron

シダ植物無舌綱古生ヒカゲノカズラ目に属するボトロデンドロン科の化石属。石炭紀を中心に栄えた。ヨーロッパの各地にしばしば発見される。植物体は現生のヒカゲノカズラに類似しており,葉の長さは約 1cmでほとんど線形,螺旋状に密生し,葉痕はほぼ円形,葉の基部のすぐ上に小舌があるのが特徴。雌性前葉体の化石も知られている。同時代に繁茂した近縁の植物にはレピドデンドロンシギラリアなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android