コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボトロデンドロン Bothrodendron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボトロデンドロン
Bothrodendron

シダ植物無舌綱古生ヒカゲノカズラ目に属するボトロデンドロン科の化石属。石炭紀を中心に栄えた。ヨーロッパの各地にしばしば発見される。植物体は現生のヒカゲノカズラに類似しており,葉の長さは約 1cmでほとんど線形,螺旋状に密生し,葉痕はほぼ円形,葉の基部のすぐ上に小舌があるのが特徴。雌性前葉体の化石も知られている。同時代に繁茂した近縁の植物にはレピドデンドロンシギラリアなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android