コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボノニア Bononia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボノニア
Bononia

北イタリアの古代都市。現ボローニャ。前 11世紀からビラノーバ人が住んでいた。前5世紀にはエトルリア人が都市を建てフェルシナと呼んだ。のちローマに敗れてボノニアとなり,植民市 (コロニア ) となった。第2次三頭政治結成の地。以後も繁栄を続けたが,410年西ゴートのアラリック1世の攻略を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のボノニアの言及

【ビディン】より

…水・陸・空の交通の要衝で,ブドウ,穀物,オリーブなど,ビディン低地の豊かな農産物の集散地でもあり,酪農,食品工業が発達する。町の起源はトラキア人の定住地で,ローマ時代は軍営がおかれ,ボノニアBononiaとして知られた。14世紀末以降はオスマン帝国の支配下に入った。…

※「ボノニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ボノニアの関連キーワードアウグスツスアラリックエトルリアケルト人ボイイ人ビディン

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android