ボリス クリストフ(英語表記)Boris Christoff

20世紀西洋人名事典の解説

ボリス クリストフ
Boris Christoff


1918.5.18 - 1993.6.28
ブルガリアのバス歌手。
フローヴディフ生まれ。
別名Boris Kirilov Khristov。
法律を学んだ後、ミラノおよびザルツブルクのモーツァルテイムで声楽を学ぶ。1964年ローマでデビューする。スカラ座などでムソルグスキーの「ボリス・ゴドゥノフ」のピーメンやボリスを歌い名声を得る。ロシアオペラの役柄、ロシア歌曲を得意とし、ほかにベルディ作品の歌唱にも優れる。繊細さと柔軟性に富んだ声、演技に対する鋭い感覚には定評がある。録音に、ボリス・ゴドゥノフ、フィエスコなどがある。’64年病気で一時引退するがカムバック、ますます円熟した演唱で活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ボリス クリストフ

生年月日:1919年5月18日
ブルガリアのバス歌手
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android