コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボリス[1世] Boris I

1件 の用語解説(ボリス[1世]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ボリス[1世]【Boris I】

?‐907
ブルガリアの汗(ハーン),のちに公。在位852‐889年。ブルガリア最初のキリスト教君主。9世紀前半の急速な領土拡大の後をうけて汗位に就いたが,国際的認知を得るためと封建体制の整備のため,キリスト教の導入は不可避であった。862年東フランク王国軍事同盟を締結する際に,西方教会によるキリスト教の導入を約束したが,863年ビザンティン帝国との戦いに敗れた。この時の講和の条件として東方正教を国教とすることを認めた(864)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のボリス[1世]の言及

【ブルガリア】より

…特にクルムは,ブルガール人の貴族間の内訌(ないこう)を抑えるためにスラブ人を積極的に登用してスラブ化をさらに進め,ハーンの権力を強化してブルガリアの基礎を固めた。 このスラブ化を決定づけたのは,ボリス世(在位852‐889)が864年に行ったキリスト教への改宗だった。ボリスは,スラブ人とブルガール人の融和を図るためにキリスト教の導入を考えていたが,ビザンティンの影響力の拡大を懸念し躊躇していた。…

※「ボリス[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボリス[1世]の関連キーワードディミトロフブルガリア語玉の汗Средец聖ネデリャ教会Сердикаブルガリア人看護師問題ルーマニアとブルガリアのEU加盟ピプコフレヒトハーラー

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone