コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルジャ Borzya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルジャ
Borzya

ロシア中東部,東シベリア南部,ザバイカリスキー地方の都市。チタの南東約 280kmにあり,オノン川支流ボルジャ川に臨む。交通の要地で,シベリア横断鉄道のハルビン経由線が通り,その支線でモンゴルのチョイバルサンへ通じる鉄道が分岐する。鉄道関連企業が立地するほか,食品工業 (食肉,油脂) が盛ん。チタと鉄道,ハイウェーで連絡。人口約 3万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボルジャの関連キーワードチェコ・フィルハーモニー管弦楽団レオナルド・ダ・ビンチ(年譜)ニュージーランド国民党アレクサンデル(6世)イングリッシュ・ホルンニュージーランド第一党ジェームズ ボルジャーレオナルド・ダ・ビンチハーヴェイ・ガールズチェーザレ・ボルジャスメタナ弦楽四重奏団スタバト・マーテルチェザレ・ボルジャゼードルマイヤーユリウス(2世)ラテラン公会議ピントリッキョA. ハウザードボルザークマキャベッリ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android