コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボルフ Christian Wolff

大辞林 第三版の解説

ボルフ【Christian Wolff】

1679~1754) ドイツの哲学者。ライプニッツの哲学を系統的に整理し、ドイツ語の哲学用語の大半を初めてつくり、ライプニッツ=ボルフ学派を形成した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボルフ

ウォルフ」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボルフの関連キーワードリベイロ(Aquilino Ribeiro)メッツ(Gabriel Metsu)ジェームズ ブライディコープ・ヒンメルブラウブラウンシュワイク公国ロミー シュナイダー世界のおもな博物館国際アンデルセン賞ファン・ディーメンロブソン ポンテウォルフスブルクアレクセイ2世ダヤン・ハーンジュースミルヒウィーン幻想派コズロフスキー戦争(war)啓蒙政治思想ダヤン・ハンオランダ美術

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ボルフの関連情報