コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボーア効果(生化学) Bohr effect

1件 の用語解説(ボーア効果(生化学)の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ボーア効果【Bohr effect】

ヘモグロビンの酸素吸収能力が,血液中の炭酸塩(イオン)濃度によって影響を受けるという現象.

この効果を発見したクリスティアン・ボーアは,有名な物理学者ニールス・ボーアの父君であるが,彼の活躍した時代には,まだ今日風の溶液内平衡論や反応速度論は完成していなかった.現実にはヘモグロビンの酸素錯体形成のpH依存性にほかならない.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボーア効果(生化学)の関連キーワードヘモグロビンメトヘモグロビンオキシヘモグロビングロビン一酸化炭素ヘモグロビンメトヘモグロビン血レグヘモグロビン還元ヘモグロビン (deoxyhemoglobin)酸化ヘモグロビン (oxyhemoglobulin)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone