コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボート語 ボートご

2件 の用語解説(ボート語の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ボート語【ボートご】

フィン・ウゴル語派の一派フィン語派に属するバルト・フィン諸語フィン語)の言語。Votic。エストニア語フィンランド語などに最も近い。レニングラード州西部で話されていたが,現在は話し手が20名以下といわれ,ほとんど消滅の状態。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ボートご【ボート語 Votic】

ウラル語族フィン・ウゴル語派の中でバルトフィン諸語に属する言語。エストニア共和国の北東側で話されている。この言語は第2次大戦でほとんど死滅し,話者は現在20人足らずである。10の母音が母音調和に支配されている。例:koto‐ssa〈家から〉,tšülä‐ssä〈村から〉。名詞は14格に変化する。エストニアの言語学者アリステP.Aristeの文法書がある。文例:tüttö лиgɵв kirjā.〈少女が・読む・本を〉(лは軟口蓋化したl[]では後舌のe)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ボート語の関連キーワードウラル語族ゲール語語派ネパール語バルト語派ハンガリー語フィンランド語ウラルアルタイ語族フィンウゴル語派マジャール人

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone