ポエティカ(英語表記)Peri poiētikēs; De poetica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポエティカ
Peri poiētikēs; De poetica

古代ギリシア哲学者アリストテレスの著作の一つ。邦訳は『詩学』。2部より成り,第2部は喜劇についてであったが現存せず,第1部も完全な形では残っていない。第1部は 26章に分けられ,詩の本質種類,起源,悲劇理論,叙事詩その他について論じている。彼によれば詩の本質は模倣 mimēsisであり本能に根ざすものである。最高の種類は悲劇であって,その主要因である行為は観衆に恐怖と憐憫を起して,これらの感情を浄化 katharsisするという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android