コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポサード posad

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポサード
posad

城外都市とも呼ばれる。ロシアの中世都市の内城の外郭をなした商工業地帯。ここから都市の商工業者を「ポサードの人々」と呼ぶようになったが,18世紀末になるとギルドの商人階級とか町人という語が生れ,ポサードはその本来の意味を失って新しくできた都会風の村をさすようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポサード【posad】

ロシア中世都市の商人・手工業者居住区。最初は,公や貴族らの居住区である城壁に囲まれた都市(ゴロド)が山や丘の上に位置していたのに対し,そのふもとに位置することが多かったので,ポドール(裾(すそ))とよばれた。ポサードという名称は12世紀末~13世紀初頭から使用され始めた。ポサードの意義は都市の商業や手工業の発展とともに増大したが,ロシアではついに西欧的な自由な都市共同体には発展しなかった。そこでは国家権力が強く存続し,住民は国家に納税を義務づけられていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のポサードの言及

【モスクワ・ロシア】より

…ロシアとの貿易に優先権を認められたイギリスとオランダの商人は,はじめロシア国内でも取引を許されたが,ロシア商人の強い反対で17世紀後半にはこれが禁止された。内外商業が発達するとともに手工業も発達し,都市のポサード(商工業地帯)が成長したが,西欧的な都市の〈自由〉と農村手工業に対する規制のないことが,モスクワ・ロシアの特徴であった。この時代,聖俗大領主のなかには都市内外に営業税のかからない商工業集落をもったり,ポサード住民の托身(国家の税から免れるため聖俗大領主の支配下に入ること)をうけたりするものがあり,これはストグラフ会議でも問題になったが,上記〈会議法典〉で商工業集落の都市への編入とポサードからの托身者の排除が決定された。…

※「ポサード」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ポサードの関連キーワードトロイツェセルギエフ大修道院セルギー・ラドネシスキーウスペンスキー大聖堂セルギエフパサードスモレンスカヤ教会トロイツキー聖堂マトリョーシカルブリョフザゴルスクモスクワ黄金の環

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android