コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポステル Guillaume Postel

世界大百科事典 第2版の解説

ポステル【Guillaume Postel】

1510‐81
フランスの東洋学者,神秘思想家。苦学しつつギリシア,ラテン,ヘブライアラビア等の諸言語を習得。1535年トルコやシリアに旅行し見聞を広めて帰国。国王や重臣の庇護を得て38年に王立教授団(コレージュ・ド・フランスの前身)に登用され,ギリシア,ヘブライ,アラビア各語を教授した。42年国王の不興を買って失職し,以後20年近くヨーロッパ,近東各地を放浪,62年帰国するや直ちに異端の疑いで逮捕され,死に至るまでパリの一修道院に軟禁された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ポステルの関連キーワードベーム(Georg Böhm)ジョン・ポステル博士ヤコブ原福音書正距方位図法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android