コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポステル Guillaume Postel

1件 の用語解説(ポステルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポステル【Guillaume Postel】

1510‐81
フランスの東洋学者,神秘思想家。苦学しつつギリシア,ラテン,ヘブライアラビア等の諸言語を習得。1535年トルコシリアに旅行し見聞を広めて帰国。国王や重臣の庇護を得て38年に王立教授団(コレージュ・ド・フランスの前身)に登用され,ギリシア,ヘブライ,アラビア各語を教授した。42年国王の不興を買って失職し,以後20年近くヨーロッパ,近東各地を放浪,62年帰国するや直ちに異端の疑いで逮捕され,死に至るまでパリの一修道院に軟禁された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ポステルの関連キーワードスペイン音楽劉瑾三浦の乱潟湖レクサス原子力への国家支援原子炉三浦の乱ジョルジョーネ氷ノ山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポステルの関連情報