コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポテンシャルエネルギー停留原理 principle of stationary potential energy

1件 の用語解説(ポテンシャルエネルギー停留原理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ポテンシャルエネルギー停留原理【principle of stationary potential energy】

力のベクトル P と変位のベクトル u の内積の符号を変えたスカラー量 H がポテンシャルと呼ばれる.H=-Pu.系のひずみエネルギー(W)にポテンシャルエネルギーを加えたものを「全ポテンシャルエネルギー」と呼び π で表す.π=WH となる.

ポテンシャルエネルギー(π)を停留させれば(δπ=0)系の真の状態,すなわち釣合と変形適合条件および境界条件を満たす状態が求められること.「全ポテンシャルエネルギー停留原理」ということもある.

なお,全ポテンシャルエネルギーは停留条件で最小値をとるので,全ポテンシャルエネルギー最小の原理でもある.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポテンシャルエネルギー停留原理の関連キーワードベクトル画像位置ベクトル基本ベクトル固有ベクトル状態ベクトル動径ベクトル波数ベクトルベクトル量平行四辺形の法則ヘルムホルツの定理(物理学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone