コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポハン(浦項)市 ポハンP'ohang

1件 の用語解説(ポハン(浦項)市の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポハン(浦項)〔市〕
ポハン
P'ohang

韓国,キョンサンプク (慶尚北) 道の南東部にある港市。 1949年市制。韓国の東海岸では最大のヨンイル (迎日) 湾の西岸にある。漁村であったが,29年ヒョンサン (兄山) 江の河口を南方に移して,大規模な港が築かれた。 62年道で唯一の貿易港となり,テグ (大邱) 市,キョンジュ (慶州) 市の外港の役割を果す。 73年韓国で最初の銑鋼一貫工場が建設され,国内最大の生産を誇るほか工業団地内には 30以上の関連工場がある。漁港としてはサバ,ニシンなどを水揚げし,水産加工業も盛んである。プサン (釜山) 市,ソクチョ (束草) 市,ウルルン (鬱陵) 島などと定期船便で結ばれている。チュンアン (中央) 鉄道と支線で結ばれる。面積 1125km2。人口 50万 4000 (1996推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone