ポリ(ビニルアセタール)(読み)ポリビニルアセタール

化学辞典 第2版の解説

ポリ(ビニルアセタール)
ポリビニルアセタール
poly(vinyl acetal)

ポリ(ビニルアルコール)をアセタール化した重合体の総称.すなわち,酸を触媒として,ポリ(ビニルアルコール)ヒドロキシ基アルデヒドと反応させたものである.

R = Hのポリ(ビニルホルマール)やR = C3H7のポリ(ビニルブチラール)がその一例である.原料であるポリ(ビニルアルコール)は,ポリ(酢酸ビニル)加水分解により合成されるので,このアセタール化反応は次の二つの方法で行われている.その一つは,加水分解とアセタール化を同時に進める方法であり,もう一つは,いったんポリ(ビニルアルコール)にしたのち,アセタール化する方法である.これらの方法は,アセタール化の程度によって使い分けられている.ポリ(ビニルアセタール)は,そのアセタールの種類や,加水分解,アセタール化の程度によって性質がいちじるしく異なる.たとえば,ガラス転移温度や軟化点は,アセタール化度が高くなるにつれて低下する.電気絶縁材料や塗料として用いられている.また,純国産合成繊維として有名なビニロンは,ポリ(ビニルアルコール)からつくられている.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android