コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリ Pori

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリ
Pori

フィンランド南西端,トゥルクヤポリ県の都市。 12世紀頃開かれ,1365年には,ウルビラとして自治都市創設の勅許状が与えられ,1558年に現在地に移る。 16世紀と 19世紀の2度にわたる大火にもかかわらず,現在の位置が商業,交易の場所として最も理想的な立地条件を満たしているという理由で,同じ位置に再建されている。近代都市ポリは,劇場 (1884) ,サタクンタ美術館 (88) などのほかに,フィンランド最大の短波放送局,そして一年中利用できる港を有する一大産業・文化都市としての機能を果している。主要産業は,木材・木製品,ニッケル・銅精錬,機械工業などが盛ん。またタンペレとは鉄道で結ばれ,県都トゥルク,首都ヘルシンキとの間には航空路が開かれている。人口7万 6544 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ポリ(poly)

ポリエチレン」の。「ポリバケツ」「ポリ袋」
他の語の上に付いて複合語をつくり、複数の、の意を表す。特に化学では重合体の意を表す。「ポリウレタン」「ポリガミー」

ポリ

ポリス」「ポリスマン」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ポリ

フィンランド南西部,ボスニア湾岸の港湾都市。コケマエン川河口にあり,銅,ニッケルの製錬,ビール,製材,パルプ,マッチ工業などが行われる。外港マンチュルオトは冬季約2ヵ月凍結するが砕氷により一年中使用可能。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

ポリ

NHKの子供向けテレビ番組『うごけぼくのえ』(1974年放映開始)に登場するキャラクターネズミ女の子

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ポリ【Pori】

フィンランド南西部,コケマキ河口に位置する港湾都市。人口7万9200(1981)。製紙織物,ビールなどの工業が盛ん。中世を通じて,北フィンランドの豊富な毛皮の,中部ヨーロッパとの交易地として栄えた。一帯は100年間に約70cmと隆起がはげしいため,町は1365年に当時の河口に移転し,さらに1558年,現在地に移転したが,現在すでに港と市街地は約20km離れている。画家ガレン・カレラの生地。毎夏開かれるジャズ・フェスティバルは国際的に有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ポリ

ポリエチレンの略。 「 -袋」 「 --バケツ」 「 -容器」 → ポリエチレン

ポリ

ポリスの略。警察。警官。

ポリ【poly】

〔ギリシャ語で、「多い」意〕
他の外来語の上に付いて、「多数の・複数の・多種の」などの意を表す。また、「重合体」の意で化合物名などに用いられる。 「 --セントリズム」 「 --エチレン」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリ
ぽり
Pori

フィンランド西部の港湾・工業都市。湖水地帯からの唯一の西流排水河川であるコケマキ川の河口に発達した。人口7万5955(2001)。スウェーデン語名ビョルネボリBjrneborg。港は中世以来、スウェーデン人やその文化が湖沼地帯に浸透するのに重要な役割を果たした。湖水地帯西部に産する原木によって製材業などが栄えたが、近年では機械類、とくに造船や毛織物製造がこれをしのぐ重要な総合的工業都市となっている。[塚田秀雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ポリの関連キーワード透き通ったミントのおいしいのど飴ポリADPサワーミルティックフルーツウルシオールオキシダーゼポリビニールアルコールチョココーヒードリンクリチウムポリマー充電池生分解性プラスチックギターポスターカラー塩化ビニリデン樹脂ポリリン酸カリウムKコートフィルムのむんチョゼリー非結晶性ポリマー塩素化ビフェニルポリ炭酸エステルポリ酢酸ビニルブチラール樹脂塩化ビニル樹脂多価アルコール

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポリの関連情報