ビニロン(英語表記)vinylon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリビニルアルコール (ポバール) を原料として,日本で創出した合成繊維の一般名。水に溶けやすい化合物のポリビニルアルコールから熱水にも安定性をもつ繊維をつくることが,1939年に京都大学,鐘淵紡績でそれぞれ成功,これを 48年にビニロンと命名,50年から各社で量産が始った。芒硝または硫安を主成分とする凝固液の中へ,ポリビニルアルコール水溶液を細い穴から押出して紡糸し,熱処理したのちホルマリンを作用させて熱水にも安定性を得る。性質は綿に近く,親水性で,酸,アルカリ,熱に強く,引張り力も高く,摩擦に強いなど,多くのすぐれた点をもち,漁網,タイヤコード,コンベヤベルト,ロープなど,おもに産業用に広く使用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ポリビニルアルコール系合成繊維の一般名。1939年日本で開発(京都大学の合成一号,鐘淵紡績のカネビヤン)され,1950年以降急速に発展。ポリビニルアルコールを水に加熱溶解し,ボウ硝溶液中に紡糸した後,ホルムアルデヒド処理によりアセタール化し耐水性を付与する。吸湿性,保温性にすぐれ,摩擦やアルカリに強く,木綿に似た性質,感触をもつ。学生服,作業服をはじめとする各種衣服,靴下,下着類のほか,漁網,ロープ等工業用資材に使用される。
→関連項目化学繊維工業クラレ[株]合成繊維紡糸ポリビニルアルコール

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビニロンは日本で開発され,おもに製造されている合成繊維である。1939年に京都大学の桜田一郎によってポリビニルアルコール繊維の紡糸法が発表され,数ヵ月後に鐘淵紡績会社(,鐘紡)の矢沢将英を中心とするグループも同じ結果を発表した。この繊維を企業化するのに多大の研究費を費やし,成功を収めたのは倉敷織会社(現,クラレ)である。ビニロンの生産は1952年3000tからスタートし,60年2万3000tへ増加した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

vinyl+nylon
ポリビニルアルコール系の合成繊維。1939年日本で工業的な合成に成功した。水溶性のポリビニルアルコール(ポバール)を紡糸したのち、ホルムアルデヒドと反応させて水に不溶にしたもの。適度の親水性と吸湿性があり、漁網・帆布・衣服などに広く用いられている。商標名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポリビニルアルコール(略号PVA)を原料として得られた合成繊維に与えられた一般名称。1939年(昭和14)に京都大学の桜田一郎らによって発明されたもので、1950年に当時の倉敷レイヨン(現クラレ)から市販された。
 PVAはポリ酢酸ビニルを加水分解して得られる水溶性高分子である。PVAを水に溶解し、硫酸ナトリウムの濃厚水溶液中にノズルから吐き出させ、適当な緊張延伸をかけながら巻き取る。このままの繊維は水に可溶であるから、まず繊維を130~200℃で熱処理してPVA繊維の結晶性を向上させ、次に酸の存在下、ホルムアルデヒドでホルマール化する。このホルマール化によって繊維の耐水性が向上し実用的な合成繊維ビニロンになる。
 性質は、繊維の高分子中にヒドロキシ基を残しているために、他の合成繊維に比べて親水性が高く吸湿性が大きい。強度はナイロンやポリエステルに劣らず、耐摩擦性、耐久性に優れているが、アイロンによるセット性は低い。用途は、この特徴を生かして作業服、学生服、漁網、ロープなどに用いられている。[垣内 弘]
『秋浜繁幸著『繊維補強コンクリート――新素材繊維を中心に』(1992・鹿島出版会) ▽井上太郎著『へこたれない理想主義者 大原総一郎』(1993・講談社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (洋語vinylon vinyl と nylon の合成語) ポリビニルアルコール系合成繊維の総称。ポリビニルアルコールは一九二四年ドイツで得られたが、昭和一四年(一九三九)桜田一郎らがこれを水に不溶化する方法を開発し、同二五年合成繊維としての工業化に成功した。耐水性、耐摩擦性にすぐれ、一般衣料のほか、魚網、帆布、タイヤコードなどに利用。
※めし(1950‐51)〈林芙美子〉誘惑「このごろ、ビニロンとか、なんとか、変った裂地が出ているンですってね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

化学辞典 第2版の解説

ポリ(ビニルアルコール)(PVA)を湿式あるいは乾式紡糸で繊維とし,アルデヒドでアセタール化した合成繊維

アルデヒドとしては,主としてホルムアルデヒド(R = H)が用いられる.アセタール化の目的は,分子中のOH基を減少(20~30%)させて繊維の耐熱水性を向上させることにある.衣料用に生産されているビニロンは,合成繊維中で最大の吸湿性と保温力があり,もっとも綿に似た感触をもつ.比重が小さく,レーヨン,アセテート,毛,綿,絹などより軽く,大きな強度を有する.とくに耐摩耗性にすぐれているので,作業服などに好適である.[CAS 9002-89-5]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビニロンの言及

【化学繊維】より

… ハイバルク・アクリル繊維 高度に延伸したアクリルと未延伸アクリルを混ぜて紡いだ糸を湯につけて,延伸アクリルだけを収縮させて作ったかさ高い糸であり,セーター用に好まれる。
[ポリビニルアルコール系]
 ビニロンVinylon(商標)は日本で開発された繊維である。1939年に京都大学の桜田一郎らにより発明された。…

【化学繊維】より

… ハイバルク・アクリル繊維 高度に延伸したアクリルと未延伸アクリルを混ぜて紡いだ糸を湯につけて,延伸アクリルだけを収縮させて作ったかさ高い糸であり,セーター用に好まれる。
[ポリビニルアルコール系]
 ビニロンVinylon(商標)は日本で開発された繊維である。1939年に京都大学の桜田一郎らにより発明された。…

【繊維工業】より

…53年通産省で〈酢酸繊維工業育成対策〉を決定し,アセテート生産に助成措置がとられ,業界の努力もあって生産は順調に発展した。合成繊維に関しては,日本では戦前からナイロン,ビニロンを中心に研究開発が進められていたが,欧米に比べるとかなり遅れていた。このため,政府は1949年にビニロンでは倉敷レイヨン,ナイロンでは東洋レーヨンを育成企業に指定し,金融税制面で優遇措置を講じた。…

※「ビニロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android