コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸ビニル さくさんビニルvinyl acetate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酢酸ビニル
さくさんビニル
vinyl acetate

化学式 CH2=CH・OCOCH3アセチレン酢酸を付加して合成される甘い香りのある無色液体。エチレン,酢酸,空気をパラジウム触媒上に通じて製造される。沸点 73℃。 20℃で水 100mlに 2.5ml溶ける。高濃度の気体は麻酔性の毒性を示す。酢酸ビニル樹脂の原料。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

酢酸ビニル【さくさんビニル】

化学式はCH2=CHOCOCH3。特異なエステル臭のある無色の液体。融点−84℃,沸点73℃。多くの有機溶剤に可溶,水に微溶。工業的には酸素の共存下エチレンと酢酸との反応によって製造する。
→関連項目ポリビニルアルコール

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

さくさんビニル【酢酸ビニル】

酢酸亜鉛を触媒として、アセチレンと酢酸から製造される無色の液体。化学式 CH2=CHOCOCH3 甘い臭気がある。水にはあまり溶けない。ポリ酢酸ビニルの製造原料。エチレンと酢酸から製造する方法もある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酢酸ビニル
さくさんびにる
vinyl acetate

ビニルアルコール(CH2=CHOH)の酢酸エステルに相当する化合物。ビニルアルコールはアセトアルデヒドの互変異性体であり、遊離の形では存在しない。以前は、亜鉛や水銀などの金属塩を触媒としてアセチレンに酢酸を付加させる方法により工業的に製造されていたが、現在ではアセチレンを原料とする方法はコストが高くつくのでほとんど行われなくなり、1960年代から酢酸とエチレンを原料とする製造法が主流になっている。この方法では、酢酸パラジウムなどの触媒を用いて、酸素によるエチレンの酸化と酢酸によるエステル化を1段階の反応で行い、95%以上の高い収率で酢酸ビニルを合成している。無色の液体。過酸化物、光により重合させるとポリ酢酸ビニルができる。重合物は、通常は酢酸ビニル樹脂とよばれ、塗料、接着剤、製紙用サイズ、チューインガムのベースなどに使われている。ポリビニルアルコールを合成する原料として重要である。[廣田 穰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の酢酸ビニルの言及

【エステル】より

(6)酢酸第二水銀を触媒としてアセチレンに酢酸を付加する。この方法は合成高分子の原料である酢酸ビニルの製造に用いられる。(7)ジカルボン酸モノエステル(酸性エステル)の合成は,いったん相当するジエステル(中性エステル)を合成した後,これを等モルの水酸化ナトリウム等で加水分解して合成する。…

【酢酸エステル】より

…アミルアルコールまたはフーゼル油から工業的につくられる製品は,n‐アミル-CH2CH2-CH2CH2CH3,イソアミル-CH2CH2CH(CH3)2,および活性アミル-CH2-CH(CH3)-CH2CH3の各異性体の混合物で,酢酸アミルamyl acetateと呼ばれ,溶剤,染色などに大量に用いられている。
[酢酸ビニルvinyl acetate]
 酢酸とビニルアルコールとのエステル。化学式CH3COOCH=CH2。…

※「酢酸ビニル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酢酸ビニルの関連キーワードエチレン酢酸ビニルコポリマー酢酸ビニル(データノート)エチレン酢酸ビニル共重合体エチレン・酢酸ビニル樹脂エチレン酢酸ビニル樹脂チューインガム基礎剤ホットメルト接着剤日本酢ビ・ポバールポリ塩化ビニル塩化ビニル樹脂カーバイド工業ビニルペイントビニルエステルチューインガムアクリル繊維EVA樹脂ビニル樹脂ガムベース酢酸・醋酸マスカラ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酢酸ビニルの関連情報