コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリツェ文化 ポリツェぶんかPol'tse culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポリツェ文化
ポリツェぶんか
Pol'tse culture

ロシア,アムール川の中・下流部 (ハバロフスク地方) の前1千年紀後半の定住文化。主として川や湖の岸で農耕,家畜の飼養,漁労に従事した。ユダヤ人自治州レニンスク地区にあるポリツェ集落址を代表として,コチコワトカ II,クケレボ,ジョルトイ・ヤル,アムール・サナトリウムなどの集落址が含まれる。鉄器が優位を占め,鉄鏃,銛先,ナイフ,鋳造された斧,底辺に長い小溝を伴う三角形の特徴的な形のスレート石鏃とともに利用された。また大型の土器のほか,炭化したきびも多量に残っている。考古学者 A.オクラドニコフは,この文化のにない手が中国史学上の民族粛慎であろうと述べている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android