粛慎(読み)シュクシン(英語表記)Su-shen; Su-shên

デジタル大辞泉 「粛慎」の意味・読み・例文・類語

しゅくしん【粛慎/息慎/×稷慎】

中国古代の東北方の民族の名。中国の古典にみえ、春秋戦国時代以来、東北辺境外に住んだと伝えるが実態は不明。みしはせ。

みしはせ【粛慎】

しゅくしん(粛慎)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「粛慎」の意味・読み・例文・類語

しゅくしん【粛慎・稷慎・息慎】

  1. 〘 名詞 〙 中国古代の北方民族。古典にみえる夷狄(いてき)東夷の一つ。黒龍江、松花江流域のツングース族と推定され、後漢挹婁(ゆうろう)、六朝の勿吉(もっきつ)、隋唐の靺鞨(まっかつ)も同系統とみる説もある。日本史上の「みしはせ」は、この名を古代の東北民族にあてたもの。しゅくちん。〔晉書‐四夷伝・東夷・粛慎氏〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「粛慎」の意味・わかりやすい解説

粛慎
しゅくしん
Su-shen; Su-shên

古代中国の東北方面に居住した異民族の名称。粛慎の呼称はすでに『国語』『史記』その他の古典にみえ,特に『国語』の粛慎貢矢の伝説で有名で,聖天子の出現と彼らの入朝貢献を結びつけて説明されることが多い。彼らの特色は石ど (石鏃) とこ矢 (し) の使用であるが,民族の実体は不明である。しかし『三国志魏志東夷伝ではゆう婁 (ろう)族を粛慎であると解釈し,のちの中国書はゆう婁は粛慎の別名のように解釈してきたが,その根拠は単に石どとこ矢の使用にあるだけで,先秦の文献にみえる粛慎と後代のゆう婁とが一致するものではない。粛慎とは中国東北地方の異民族の呼称として知られているだけで,言語学的にも民族学的にも定説がない。日本史でも粛慎を「みしはせ」あるいは「あしはせ」と読み,『日本書紀』の欽明紀や斉明紀にも現れるが,それは単に辺境の異民族の呼称としてこの文字を用いたにすぎないようである。

粛慎
みしはせ

粛慎」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「粛慎」の意味・わかりやすい解説

粛慎 (しゅくしん)
Sù shèn

中国,先秦時代の古典に見える東北境外の民族。〈東夷〉の一つで,中国の威徳を慕って来朝し,特産品の楛矢石砮(こしせきど)(人参木の枝で作った矢に石のやじりをつけたもの)を献上したことが記されているが実体は不明。3世紀,魏・晋期以降になると,今の吉林・黒竜江両省から沿海州方面に居住した漢代の挹婁(ゆうろう),南北朝期の勿吉(こつきつ),隋・唐期の靺鞨(まつかつ),宋以降の女真をその後裔とする考えが行われた。《日本書紀》に見える粛慎(みしはせ)は,東北・北海道地方の異民族を呼んだもの。
執筆者:


粛慎 (みしはせ)

日本古代に,最北地方およびそこに居住した人々に対する呼称。《日本書紀》欽明紀に佐渡島に粛慎人が船できたとの記事があり,また斉明紀には阿倍比羅夫が粛慎と戦ったとの記事がある。中国では東北境外の異民族を粛慎(しゆくしん)と呼んだので,同系とみる説もあるが,日本の最北部に居住する蝦夷(えみし)の一部,またはアイヌをさすとの説などがある。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

山川 日本史小辞典 改訂新版 「粛慎」の解説

粛慎
あしはせ

古代の日本列島北部に居住した民族。本来は中国の古典で極遠の地に住むとされた伝説上の民族で,挹婁(ゆうろう)・勿吉(ぶつきつ)・靺鞨(まっかつ)などはその後裔とされる。欽明5年に佐渡に到来したのが初見で,660年(斉明6)には阿倍比羅夫(ひらふ)の軍と交戦した。696年(持統10)には渡島(わたりのしま)の蝦夷(えみし)とともに朝貢しており,蝦夷とは異なる民族とされる。中国大陸からサハリン・北海道方面に渡来したツングース系民族ともいわれるが,不明。8世紀以降は靺鞨と称され,また蝦狄(かてき)・狄と称された集団に粛慎・靺鞨が含まれる可能性がある。「みしはせ」の読みが一般的だが,粛慎・靺鞨とも「あしはせ」が本来の読みと考えられる。


粛慎
みしはせ

粛慎(あしはせ)

出典 山川出版社「山川 日本史小辞典 改訂新版」山川 日本史小辞典 改訂新版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「粛慎」の意味・わかりやすい解説

粛慎(しゅくしん)
しゅくしん

中国の古典にみえる異民族名。紀元前6~前5世紀以来、東北辺境外に住み、楛(こ)という木でつくった矢と石鏃(せきぞく)とを使ったという。もとは東北地区方面の住民を総称したものらしいが、漢代以後は文献上の観念的名称にすぎなくなった。『日本書紀』は、阿倍比羅夫(あべのひらふ)が討ったという東北地方の民族に粛慎(みしはせ)の字をあてているが、これは、中国古典からこの名称だけを借りてきて、経略が遠くに及んだことを強調しようとしたもので、実際に粛慎が住んでいたのではない。

[護 雅夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「粛慎」の意味・わかりやすい解説

粛慎【しゅくしん】

中国,先秦時代の古典にみえる東北地方の民族。【こ】矢(こし)・石弩(せきど)を用いて狩猟の生活をしていたといわれるが,実体は不明。《日本書紀》の〈粛慎(みしはせ)〉は東北・北海道地方の異民族を呼んだもの。
→関連項目満州

粛慎【みしはせ】

日本古代における,最北地方に居住した人びとに対する呼名。元来は中国古典にみえる東北辺境の民の呼称(粛慎(しゅくしん))。《日本書紀》では欽明・斉明の巻にみえるが実体は不明。蝦夷(えぞ)の一種とかツングース族とかの説がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「粛慎」の解説

粛慎
みしはせ

『日本書紀』の「欽明紀」「斉明紀」にでてくる北方民族
「斉明紀」の阿倍比羅夫の征討は有名だが,実在した民族ではないらしい。中国では戦国時代(前403〜前221)に東北辺境の異民族をさした名称らしいが,晋代(265〜419)になると東北異民族の来朝貢献にこの語を用いた。「みしはせ」の読み方についても未詳。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版 「粛慎」の解説

粛慎
しゅくしん

中国古典に,前6〜前5世紀以来北東境外にいたと伝える民族。息慎・稷慎とも書く
その実体は明らかでない。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

普及版 字通 「粛慎」の読み・字形・画数・意味

【粛慎】しゆくしん

慎む。

字通「粛」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典(旧版)内の粛慎の言及

【アイヌ】より

…アイヌをどう定義するか,とりわけ現代のアイヌをどう認識し,どう定義するか,という問題は,彼らを取り巻く歴史的環境とその中での彼らの自己認識のあり方や,〈民族〉の定義の問題とも深く関わっているだけに,その定義のしかたは,時代とともに大きく揺れ動いてきた。1960年代ころまでのアイヌの現状に対する研究者を含めた大方の認識の特徴は,彼らを和人とは異なる固有の文化を有した一つの民族とはみないで,彼らは,いずれ和人に同化される,との認識を前提にして,〈アイヌ系住民〉〈アイヌ系日本人〉と称したところにある。…

【粛慎】より

…3世紀,魏・晋期以降になると,今の吉林・黒竜江両省から沿海州方面に居住した漢代の挹婁(ゆうろう),南北朝期の勿吉(こつきつ),隋・唐期の靺鞨(まつかつ),宋以降の女真をその後裔とする考えが行われた。《日本書紀》に見える粛慎(みしはせ)は,東北・北海道地方の異民族を呼んだもの。【安田 二郎】。…

※「粛慎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android