コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリトロープ polytrope

2件 の用語解説(ポリトロープの意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ポリトロープ【polytrope】

ポリトロープガス*からなるガス球の重力平衡状態をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ポリトロープ【polytrope】

恒星は内部が高温高圧のガス球で,自分自身が作る重力と内部のガスの圧力がつり合って一定の大きさを保っている。このような恒星の内部がどのようになっているかを調べる研究は,恒星内部構造論と呼ばれ,20世紀初めエムデンR.Emden(1862‐1940)らによって始められた。エムデンは,星の内部のガスについてその圧力pが密度ρのべき乗に比例すると仮定して,平衡状態を調べ,内部の圧力,密度などの分布を求めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ポリトロープの関連キーワード恒星ジェットエンジン一人称己が自家自得自分自身Hアイアン法恒星の内部構造の理論RDFと白老方式

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone