コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポリトロープ polytrope

世界大百科事典 第2版の解説

ポリトロープ【polytrope】

恒星は内部が高温高圧のガス球で,自分自身が作る重力と内部のガスの圧力がつり合って一定の大きさを保っている。このような恒星の内部がどのようになっているかを調べる研究は,恒星内部構造論と呼ばれ,20世紀初めエムデンR.Emden(1862‐1940)らによって始められた。エムデンは,星の内部のガスについてその圧力p密度ρのべき乗に比例すると仮定して,平衡状態を調べ,内部の圧力,密度などの分布を求めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ポリトロープの関連キーワードエムデン方程式(天文学)ポリトロープガス

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android