コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

放射平衡 ほうしゃへいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

放射平衡
ほうしゃへいこう

(1) radiative equilibrium 電磁波や粒子線 (放射線) を放出し吸収する物体を壁で囲む。ただし,この壁は放射線を完全に反射するものとする。十分時間がたてば,この系は1つの熱平衡状態になり,系の中のすべての物体の温度は同じになる。この状態では,問題とする物体の放出と吸収とが釣合い,したがって熱放射の状況も定常的になる。このような状態を放射平衡という。 (2) radiation equilibrium ある物体または空間が外部との間に放射エネルギーを交換しているとき,全体として放射エネルギー流入量と流出量が等しい状態をいう。 (3) radioactive equilibriumある放射性核種の単位時間あたりの生成数と崩壊数とが等しい状態をいう。放射能平衡ともいう。放射性核種の生成はウラン系列,トリウム系列などの放射能崩壊系列の途中でも,また外部から入射した粒子による核反応によっても起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうしゃ‐へいこう〔ハウシヤヘイカウ〕【放射平衡】

ある物体において、放射によるエネルギーの流出と流入とが釣り合っている状態。輻射平衡
放射性元素の崩壊の系列で、新しく生じる核種の生成速度と消滅速度とが釣り合っていること。放射能平衡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほうしゃへいこう【放射平衡】

(1)外界と熱的に絶縁された空洞において,その中の物体と放射の間に熱平衡が成り立っている状態をいう(radiative equilibrium)。熱放射(2)物体の単位体積に外から流入する光,X線などすべての電磁波と,外へ出て行くすべての電磁波とを比較し,それぞれのエネルギーの総量が相等しいような状態,つまり出入りが平衡している状態をいう(radiative equilibriumまたはradiation equilibrium)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ほうしゃへいこう【放射平衡】

空間内に物体と放射とが存在して熱平衡が成り立っている時の状態。輻射平衡。
放射性崩壊の系列中で、新たにできる核種の原子核の増加数と、それの崩壊による減少数とが等しくなっている状態。放射能平衡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の放射平衡の言及

【熱放射】より

…これが量子力学への出発点となった。 なお,放射平衡とは,外界と熱的に絶縁された空洞(中に物体があればそれも含めて)が,中の放射と熱平衡に達した状態をいい,空洞放射もその一例である。この状態で物体は(空洞の壁も)すべて同じ温度となり,放射エネルギーを吸収しただけ放出して収支をつりあわせている。…

※「放射平衡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

放射平衡の関連キーワードカール シュワルツシルトキルヒホフの放射法則シュワルツシルト放射化学分析放射性崩壊空洞放射原子核成層圏

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android