ポルト歴史地区(読み)ポルトれきしちく

世界遺産詳解の解説

ポルトれきしちく【ポルト歴史地区】

1996年に登録された世界遺産(文化遺産)で、ポルトガル北西部に位置する、首都リスボンに次ぐ同国第2の都市。ドーロ川北岸の丘陵に建設されてから、1000年以上の歴史を持つ。ロマネスク様式の聖歌隊席を持つ大聖堂やサン・フランシスコ聖堂、クレリゴス聖堂、典型的なマヌエル様式のサンタ・クララ聖堂などが点在する。18世紀にポルト港からイギリスに向けて盛んに特産ワインが輸出され、「ポートワイン(ポルト・ワイン)」と呼ばれて有名になった。◇英名はHistoric Centre of Oporto。ポルトは「港」という意味。ポルトの地名を英語では伝統的にオポルト(Oporto)という。

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ポルト歴史地区の関連情報