コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌエル様式 マヌエルヨウシキ

世界大百科事典 第2版の解説

マヌエルようしき【マヌエル様式】

ポルトガル王マヌエル1世統治期(1495‐1521)に行われたゴシック建築様式。スペインのイサベル様式,初期プラテレスコ様式と同時代で,過剰装飾が特徴。イスラム様式のほか,海洋国らしくモロッコやインドの影響も見られ,船具や海産物などのモティーフも多用されている。この様式はほとんどポルトガル全土に及んだが,代表作にトマールのキリスト修道院,リスボン近郊ベレンのジェロニモス修道院などがある。【神吉 敬三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマヌエル様式の言及

【ポルトガル】より

…ロマネスクでは巡礼路様式のコインブラ旧大聖堂(1184),ゴシックへの移行期のシトー会様式ではアルコバーサAlcobaçaのサンタ・マリア修道院(1222)が,ゴシックではバターリャ・サンタ・マリア・ダ・ビトリア修道院(15世紀)が傑出している。この国の建築が偉大な個性を発揮したのは大航海時代で,時の王マヌエル1世(在位1495‐1521)にちなむマヌエル様式と呼ばれる建築様式が生まれた。これは晩期ゴシックからルネサンスにかけて,船具,海産物などのモティーフや植物的モティーフを多用した過剰装飾様式で,全土に広がったが,トマールTomarのキリスト修道院の窓,リスボン近郊ベレンBelémの塔とジェロニモス修道院が代表作とされる。…

※「マヌエル様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マヌエル様式の関連キーワードリスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔マヌエル(1世)(ポルトガル王)エボラのサンフランシスコ教会トマールのキリスト教修道院ブラガ(ポルトガル)サンフランシスコ教会バターリャの修道院サンジュリアン教会サンタクルス修道院コインブラス礼拝堂サンタマリア修道院アルコバサ修道院ポルト歴史地区シントラの王宮シダーデベリヤジェズスの教会レイリア大聖堂シントラ宮殿ジェズス教会ブラガ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android