マヌエル様式(読み)マヌエルヨウシキ

  • マヌエルようしき〔ヤウシキ〕

世界大百科事典 第2版の解説

ポルトガル王マヌエル1世統治期(1495‐1521)に行われたゴシック建築様式。スペインのイサベル様式,初期プラテレスコ様式と同時代で,過剰装飾が特徴。イスラム様式のほか,海洋国らしくモロッコやインドの影響も見られ,船具や海産物などのモティーフも多用されている。この様式はほとんどポルトガル全土に及んだが,代表作にトマールのキリスト修道院,リスボン近郊ベレンのジェロニモス修道院などがある。【神吉 敬三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマヌエル様式の言及

【ポルトガル】より

…ロマネスクでは巡礼路様式のコインブラ旧大聖堂(1184),ゴシックへの移行期のシトー会様式ではアルコバーサAlcobaçaのサンタ・マリア修道院(1222)が,ゴシックではバターリャ・サンタ・マリア・ダ・ビトリア修道院(15世紀)が傑出している。この国の建築が偉大な個性を発揮したのは大航海時代で,時の王マヌエル1世(在位1495‐1521)にちなむマヌエル様式と呼ばれる建築様式が生まれた。これは晩期ゴシックからルネサンスにかけて,船具,海産物などのモティーフや植物的モティーフを多用した過剰装飾様式で,全土に広がったが,トマールTomarのキリスト修道院の窓,リスボン近郊ベレンBelémの塔とジェロニモス修道院が代表作とされる。…

※「マヌエル様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android