コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーフィロイド porphyroid

1件 の用語解説(ポーフィロイドの意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

ポーフィロイド

この語は様々な意味に使用された.最初には石基が松脂岩(pitchstone),石灰岩,粘土などの斑状岩に使用された[Delametherie : 1795].その後ロッセンは斑状変晶変成岩で,ヘレフリンタ花崗岩片麻岩の中間の構造を持つ岩石に使用した[Lossenn : 1869].これは石英斑岩が流紋岩と花崗岩の中間に位置することと同様な使用の仕方である.この語は片状変晶を持つ片岩や砕残偽斑晶(porphyroclast)をもつ凝灰岩も含めて広く使用されている[Tomkeieff : 1983].酸性火山岩起源の破砕岩の一種で,原岩石の斑状石英は多く粒状化作用を受けているが,長石の類はこの作用を免れて眼球状に残ることが多い.石基の部分は細粒の石英と絹雲母および緑泥石の集合体からなり,片状構造を示す[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ポーフィロイドの関連キーワード褐鉄鉱スメクタイト砂流サイクロセムダンストーン瀝青粘土─パテイックオイド後生的グラナテイン

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone