コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポーフィロイド porphyroid

岩石学辞典の解説

ポーフィロイド

この語は様々な意味に使用された.最初には石基が松脂岩(pitchstone),石灰岩,粘土などの斑状岩に使用された[Delametherie : 1795].その後ロッセンは斑状晶の変成岩で,ヘレフリンタと花崗岩片麻岩の中間の構造を持つ岩石に使用した[Lossenn : 1869].これは石英斑岩流紋岩と花崗岩の中間に位置することと同様な使用の仕方である.この語は片状変晶を持つ片岩や砕残偽斑晶(porphyroclast)をもつ凝灰岩も含めて広く使用されている[Tomkeieff : 1983].酸性火山岩起源の破砕岩の一種で,原岩石の斑状石英は多く粒状化作用を受けているが,長石の類はこの作用を免れて眼球状に残ることが多い.石基の部分は細粒の石英と絹雲母および緑泥石の集合体からなり,片状構造を示す[渡辺編 : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android