ポール ベルナ(英語表記)Paul Berna

20世紀西洋人名事典の解説


1913.(1908.あり) -
フランスの児童文学作家
現代の最も優れた物語作家の一人。1954年SF作品「星の世界の」と続編「空の大陸」(’55年)で作家として出発。同年発表の推理サスペンス仕立ての「首なし馬」は現代フランス児童文学の傑作の一つに数えられ、少年少女たちの賢さ、創意、強さ、勇気、実行力が活写されている。作品はいずれも少年少女の活躍する推理小説で、国際アンデルセン賞、フランス児童文学大賞などを受賞。他の作品に「町のアコーディオンひき」(’56年)、「尾行された少年たち」(’56年)、「辻音楽師」(’56年)、「オルリー空港22時30分」(’57年)、「ベレニス号の漂流」(’69年)等がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android