コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイクロサージャリー

百科事典マイペディアの解説

マイクロサージャリー

顕微鏡を使って行う手術の総称超微小手術ともいう。もともとは眼科,耳鼻咽喉(いんこう)科に限られていたが,双眼顕微鏡の性能が向上するにともない,1960年代には欧米で,一般外科,神経外科,整形外科など外科全般に広がった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

マイクロサージャリーの関連キーワード皮膚移植形成手術遺伝子

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android