マイケル ラプスレー(英語表記)Michael Lapsley

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
司祭,反アパルトヘイト運動家

国籍
ニュージーランド

生年月日
1949年

経歴
オーストラリア聖公会で司祭に按手、聖使修士会(SSM)に入会。1973年南アフリカへ派遣され、反アパルトヘイト闘争に参加。ダーバン大学チャプレンとして黒人・白人両方の学生と深く関わる。’76年南アフリカを追放され、レソト、さらにジンバブエに移住。幾度にもわたる暗殺の危機を免れてきたが、’90年ネルソン・マンデラ獄中から解放された3ケ月後に手紙爆弾により両手と左目の視力を奪われた。著書に「記憶の癒し―アパルトヘイトとの闘いから世界へ」がある。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android