コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マイヅルソウ(舞鶴草) マイヅルソウMaianthemum dilatatum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マイヅルソウ(舞鶴草)
マイヅルソウ
Maianthemum dilatatum

ユリ科の多年草。ごく近縁ヒメマイヅルソウとともに北半球冷温帯に広い分布をもち,日本では北海道,本州の高山帯,亜高山帯群落をなして生える。地下茎は細長く地表近くに広がる。茎は高さ8~25cmあり,花のつかない茎には1葉,花序のつく茎には2葉がつく。葉は卵心形,鋭頭,両面に毛がなく,縁の細胞が丸くふくれて波状にみえる。5~7月に,茎の先に総状花序をつけ,白色の小さい花をつける。花被片4枚,おしべ4本。液果は小球形で赤く熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

マイヅルソウ【マイヅルソウ(舞鶴草) Maianthemum kamtschaticum (Chamm.) Nakai】

亜高山帯の針葉樹林下に多いユリ科の多年草(イラスト)。細い地下茎は長くはい,大きな群落をつくる。地上茎は高さ10~25cmほどで,2~3枚の葉をつける。下位の葉は卵心形で湾曲したよく目だつ平行脈をもつ。和名はこの特徴をツルが羽根をひろげた形に見立てたものである。花はやや密な総状花序につき,5~7月に咲く。花被は白色で4枚あり,長さ約2mm。おしべは4本。果実は径5~7mmの球形で,熟すと赤くなる。日本本土に広く分布し,南限屋久島である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android