コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マウリヤ朝美術 マウリヤちょうびじゅつMaurya art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マウリヤ朝美術
マウリヤちょうびじゅつ
Maurya art

前3世紀中葉,インドのマウリヤ王朝は西方のペルシアや古代ギリシア美術の影響を受け,古代インドにおいて初めて本格的な造形美術を花開かせた。この時期の代表的遺品には,アショーカ王石柱や,払子 (ほっす) を持ったパトナ博物館蔵のヤクシー像や,男子トルソーなどの丸彫人像彫刻がある。これらは硬質の砂岩を用い,表面はいわゆるマウリヤ式研磨が施されて光沢があり,洗練された輪郭線を示している。ほかにパールカム出土のヤクシャやベスナガル出土のヤクシーの立像があり,これらは前者とは対照的に稚拙で素朴である。またテラコッタの小像も造られ,パトナ近郊のブランディバーグなどから出土している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マウリヤ朝美術の関連キーワードインド国立博物館

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android