コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マエ Mahe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マエ
Mahe

マヘともいう。インド南西部,マラバル海岸にのぞむ地域。コジコーデ北西約 50kmに位置し,ポンディシェリーカーリカール,ヤナムとともにポンディシェリー連邦直轄地を構成。 1726年にマエ・ド・ラ・ブールドネーの率いるフランス軍が占領。その後イギリスが3度にわたり奪ったが,1817年フランスの領有を承認,イギリス領インドのなかでフランス領地区として存続した。 1954年に他のフランス領地区とともにインドに返還され,直轄地となった。コプラ,マンゴー,コショウなどが取引されるが,商港としての機能は低下し,米作と漁業が主産業。海浜保養地でもある。面積約 59km2。人口1万 564 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マエの関連キーワードママエフクルガンキム ミョンミン蝦夷小閻魔金亀子マエストラ山脈にぎやかなよるメキシコエビマエダストアバナナエビインドエビ鈴木本一郎路井恵美子ビクトリアオオエビさいまき棘無沼蝦ヘイマ島アシアカ前 大峰前田典子発想標語

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マエの関連情報