コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マクロザミア Macrozamia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロザミア
Macrozamia

ソテツ科の常緑低木。オーストラリアの特産属で,約 17種が知られている。幹は単幹で分枝せず,高さ2~5mぐらいのものが多いが,種によっては高さ 20mに達するものや,茎がなかば地中に埋るものがある。幹に葉柄の基痕が鱗状に残る。全体はソテツに似ているが,葉は羽状複葉で,小葉に中肋がなく松葉状に分裂したり,下面に溝を生じたりする点で異なる。花は灰緑色球花で,雌雄異株雄花は小さく鱗片の外面は扁棘を外へ長く伸ばす。雌花は花後鱗片内面に朱色の外種皮に包まれた倒卵形の裸子を2個つける。観賞用として栽植される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マクロザミアの関連キーワードソテツ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android