マクロ援助評価(読み)マクロえんじょひょうか(英語表記)macro evaluation of aid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マクロ援助評価
マクロえんじょひょうか
macro evaluation of aid

経済協力の効果をプロジェクト単位ではなく,途上国経済社会の発展に役立っているか,十分効果的であったかというマクロな視点から行なう評価。個別プロジェクトが十分機能しているかどうかだけでなく,プロジェクトや援助手法の選択の適切さも結果を左右することとなる。計量モデルによる分析や,援助の投入,インフラ整備の進展,投資,輸出,生産の拡大,経済成長,社会的諸要素の改善のマクロな把握によって行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android