マゴケ類(読み)まごけるい

  • Bryidae

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コケ植物蘚類(せんるい)綱のなかの一群で、マゴケ亜綱ともよばれる。蘚類のほとんどの種類はこれに含まれる。植物体はすべて茎・葉の分化がある茎葉体で、仮根は多細胞からなる糸状となり、多数の分枝を行う。茎は直立または横にはうが、まれに、ごく短くなって退化したものもある。一般的に茎の中心部には小形・厚膜の細胞が分化し、中心束を形成する。葉は一層ないし数層の細胞からなり、中央部に中肋(ちゅうろく)とよばれる脈状組織が分化するものもある。雌雄異株または雌雄同株。胞子体は蒴(さく)・柄・足の三部からなる。蒴は一般に先端部に房をもち、蓋(ふた)(蘚蓋(せんがい))の中にさく歯がある。蒴歯は四の整数倍の数に分かれ、内外に二重の蒴歯をもつものも多い。蒴歯の構造ならびに数は、マゴケ類の分類上重要なものとなっている。蒴の若いときには、造卵器の一部が変化してできた帽(蘚帽)が蒴の上についている。胞子は蒴歯の乾湿運動によってさくから外に出る。胞子が発芽して形成される原糸体は一般に糸状である。

 マゴケ類はヨツバゴケ目、ホウオウゴケ目、シッポゴケ目など約15の群に分類される。このうち、スギゴケ類ならびにキセルゴケ類は、マゴケ類のなかの群に分類される場合と、それぞれ別の群(亜綱)として分類される場合とがある。

[井上 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android