コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マジンドール

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

マジンドール

深刻な肥満症患者の治療に使われる向精神薬で、投薬には医師処方が必要。脳の中枢神経に作用し、満腹感を与えることで食欲を抑える働きがある。依存性を懸念する声もある。服用期間は通常3カ月を限度とし、食事や運動療法補助としての服用が原則。保険適用は「深刻な肥満」とされる体格指数(BMI)35以上の患者らに限られるが医師が認めれば適用外の処方も可能。このためダイエットに用いられるケースが目立つ。

(2007-12-27 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

知恵蔵miniの解説

マジンドール

食欲抑制剤。厚生労働省により第3種向精神薬にも指定されている。食欲に関わる神経に働きかけて食欲を抑えるとともに、代謝エネルギーを促進するなどして体重を減少させる効果が認められている。日本で唯一、保険適応で処方できる食欲抑制剤だが、身長170センチで体重100キロ程度(肥満度が+70%以上またはBMIが35以上)の重度の肥満患者にのみ適応される。しかし私費による自由診療では医師の判断で処方することができ、年間の流通量約600万錠のうち3割程は美容ダイエット目的で使われているとみられている。

(2015-10-29)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

マジンドールの関連キーワード食欲低下薬やせ薬

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マジンドールの関連情報