マスジェデ・ソレイマーン(読み)ますじぇでそれいまーん(英語表記)Masjed-e Soleymān

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マスジェデ・ソレイマーン
ますじぇでそれいまーん
Masjed-e Soleymān

イラン南西部、フーゼスターン州の都市。人口11万6883(1996)、10万0497(2016センサス)。油田地帯の中心地で、原油はパイプラインによってここからアバダーンへ送られる。住民の多くは石油関係者である。夏は酷暑熱風が吹く。近郊古代遺跡が多く残されている。

[香川優子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android