マスジェデ・ジョメ(英語表記)Masjed‐e Jom‘e

世界大百科事典 第2版の解説

マスジェデ・ジョメ【Masjed‐e Jom‘e】

イランのイスファハーンにあるモスク。イランにおけるセルジューク建築の傑作。名称は〈金曜モスク〉の意。日本ではマスジド・ジャーミーともよばれる。創設は8世紀といわれるが,旧態をとどめているのはセルジューク朝以降の部分である。回廊に囲まれた中庭を中核とする4イーワーン形式で,南西イーワーンに隣接するドームを架けた大礼拝堂(1092),同じく主軸上にある中庭北東側のドームを架けた小礼拝堂(グンバデ・ハーキー。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のマスジェデ・ジョメの言及

【イスラム美術】より

…セルジューク朝(1038‐1194)時代のイランの建築の特色は,構造・装飾ともに煉瓦の利点が最大限に活かされていることである。イランのモスクの新しい形式は,四辺にイーワーンをもつもので,さらに南側のイーワーンの背後にドームを架けることによってミフラーブを強調している(イスファハーンのマスジェデ・ジョメ)。同様なプランは,モスクのほかマドラサ,キャラバンサライにも適用されている(メルブ~ニーシャープール間の隊商宿リバート・イ・シャラフ,1114)。…

※「マスジェデ・ジョメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android