コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マス村(読み)マスむら

世界の観光地名がわかる事典の解説

マスむら【マス村】

インドネシアのバリ島ウブド(ギャニャール県ウブド郡)にある、15世紀以来の伝統を持つ木彫り細工の村。15世紀に東ジャワのマジャパヒト王国がイスラム勢力によって滅亡した際、この地に逃れてきたヒンドゥー教の高僧ニラルタが住み着いたのがこの村で、村人は「木から生きよ」という神のお告げで木彫りを生業にするようになったと伝えられている。バリの王朝時代には宮殿や寺院の装飾、儀式舞踊の仮面などをつくっていたが、1930年代にウォルター・シュピースなど外国人芸術家の影響を受けて、動植物や風景、庶民の姿など日常の風景をモチーフとした木彫りが誕生した。今日では黒檀やチーク材を使った工芸品が有名である。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android