コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マス村 マスむら

1件 の用語解説(マス村の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マスむら【マス村】

インドネシアのバリ島ウブド(ギャニャールウブド郡)にある、15世紀以来の伝統を持つ木彫り細工の村。15世紀に東ジャワのマジャパヒト王国がイスラム勢力によって滅亡した際、この地に逃れてきたヒンドゥー教の高僧ニラルタが住み着いたのがこの村で、村人は「木から生きよ」という神のお告げで木彫りを生業にするようになったと伝えられている。バリの王朝時代には宮殿や寺院の装飾、儀式舞踊の仮面などをつくっていたが、1930年代にウォルター・シュピースなど外国人芸術家の影響を受けて、動植物や風景、庶民の姿など日常の風景をモチーフとした木彫りが誕生した。今日では黒檀やチーク材を使った工芸品が有名である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マス村の関連キーワードインドネシアバリ島マレーポリネシア語族インドネシアの恋唄にゃにゃまるバリ国際マラソンレゴンダンスインドネシア国家警察改革支援ガルーダ・インドネシア航空機事故押川典昭

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マス村の関連情報