マタラ(英語表記)Matara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マタラ
Matara

スリランカ南端,ニルワラ川河口の港町。マタラ県の県都。古くからシナモンシトロネラ (コウスイガヤ) などの香料の産地として知られ,17世紀のポルトガル,18世紀のオランダ支配時代には重要な貿易港となった。現在はココナッツ,ゴム,茶を主とする豊かな農業地帯の交易中心地で,沿岸貿易も盛ん。オランダ人の要塞跡がある。地名は「大浅瀬」の意。人口4万 1000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android