マックス ビアボーム(英語表記)Max Beerbohm

20世紀西洋人名事典の解説


1872.8.24 - 1956.5.20
英国のエッセイスト,批評家,風刺画家。
オックスフォード大学在学中から「イエロー・ブック」誌に寄稿、痛烈な戯文、風刺画で認められた。1898年G.B.ショーの後任で「サタデー・レビュー」の演劇批評を担当し、知友の文学的肖像という散文ジャンルを確立。戯曲集「詩人一隅」(1904年)、風刺画「ロゼッティと周囲の人々」(’22年)、パロディ集「クリスマスの花輪」(’12年)等がある。小説「ズレイカ・ドブスン」は美女がオックスフォード大学の学生の生活を揺るがすという風刺幻想的作品である。’39年にサー称号を与えられた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android