コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツダSCSエンジン(TC)

1件 の用語解説(マツダSCSエンジン(TC)の意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

マツダSCSエンジン(TC)

・それまでの吸気スワールをベースにしたマツダ希薄燃焼方式に、Nox低減のためのEGR導入を斬新な着想で気化器に取り込んで空燃比自動補正という制御を実現した。・EGRは2系統で吸気系に還流され、そのうちの上流EGRは気化器ベンチュリをバイパスするエアと混合し、EGR時に空燃比を自動補正する。・燃費と両立する昭和53年規制適合排出ガスシステムとして、科学技術庁長官賞や機会学会賞を受賞した。保管場所マツダ(株)(〒730-8670広島県安芸郡府中町新地3-1)
製作(製造)年1977
製作者(社)東洋工業(株)
資料の種類設計図・文献
現状公開
型式TC
種類ガソリン
会社名マツダ
通称名マツダSCSエンジン
搭載車種ファミリアAP
製作開始年1977
シリンダ配列・数直列4気筒
サイクル/冷却方式4/
弁型式/数SOHC, 2弁/気筒
燃焼方式希薄燃焼
燃焼室多球形燃焼室
総排気量1272cc
内径×行程73.0×76.0mm
圧縮比9.2
質量(重量)127kg
寸法570×620×635mm
点火システムイグニッション式
最高出力70PS/5500rpm
最大トルク10.4kgm/3500rpm
燃料消費率220g/PSh(3000rpm)
吸気系自然吸気
エピソード・話題性A/FとEGRを連動しながら変化させる空燃比自動補正装置付気化器という先進的技術の開発・採用を核に、昭和53年度排出ガス規制を達成した。
特徴スワールを利用した希薄燃焼方式に、新たに空燃比自動補正装置付気化器を組合せることで、“マツダ安定燃焼方式(SCS)”にして燃費向上とエミッション低減を実現した。
参考文献①内燃機関Vol.24No313(1985年12月号)P11-12②マツダ広報資料「FAMILIA ファミリア30年の歩み」(1994年6月発行)
その他事項燃料供給方式:気化器;排気浄化装置:2系統EGRAIS三元触媒;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マツダSCSエンジン(TC)の関連キーワードアースワークケースワーカーパスワークハビアンティークファッションスワーブ其れから其れまでピースワークビヤカクテル吸気脈動効果

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone