コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾) マツノシンマダラメイガ Dioryctria sylvestrella

1件 の用語解説(マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マツノシンマダラメイガ【マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾) Dioryctria sylvestrella】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3cm。翅は細長く,前翅は黒褐色。銀白色の亜基線と内横線の間は帯状に赤褐色,横脈上に同じ色の紋があり,亜外縁線は鋸歯状,中央で強く突起する。後翅は周辺部を除き白色。日本全国のほか朝鮮半島からシベリアを経てヨーロッパに分布する。幼虫はアカマツクロマツトドマツなどマツ類の大害虫で,本州の山地や北海道では年2回,温暖地では年2~3回発生する。おもに新梢(しんしよう)に食入し,加害するが,幹に潜入して形成層を食害することがあり,この場合は大量の樹液が流出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾)の関連キーワード衣蛾枯葉蛾孔雀蝶天狗蝶毒蛾虎蛾蜂蜜蛾螟蛾綴蛾ノシメマダラメイガ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone