コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾) マツノシンマダラメイガDioryctria sylvestrella

世界大百科事典 第2版の解説

マツノシンマダラメイガ【マツノシンマダラメイガ(松心斑螟蛾) Dioryctria sylvestrella】

鱗翅目メイガ科の昆虫。翅の開張2.5~3cm。翅は細長く,前翅は黒褐色銀白色の亜基線と内横線の間は帯状赤褐色,横脈上に同じ色の紋があり,亜外縁線は鋸歯状,中央で強く突起する。後翅は周辺部を除き白色。日本全国のほか朝鮮半島からシベリアを経てヨーロッパに分布する。幼虫はアカマツクロマツトドマツなどマツ類の大害虫で,本州の山地や北海道では年2回,温暖地では年2~3回発生する。おもに新梢(しんしよう)に食入し,加害するが,幹に潜入して形成層を食害することがあり,この場合は大量の樹液が流出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報