コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マデュプ岩 マデュプがんmadupite

岩石学辞典の解説

マデュプ岩

Kに富む細粒の優黒質の火山岩で,主として透輝石と金雲母の斑晶と,細粒のこれらの鉱物を含み,リューサイトに類似した組成のガラス質の石基からなり,ペロブスカイト,磁鉄鉱,燐灰石などが含まれる[Cross : 1897].化学組成的にはワイオミング岩と同じであるが岩石学的には異なっている.米国ワイオミング州のスウィートウォーター(Sweetwater)郡に因む.アメリカ・インディアンのmadupaはsweet waterの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android