コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マニトバ法 マニトバほうManitoba Act

世界大百科事典 第2版の解説

マニトバほう【マニトバ法 Manitoba Act】

1870年5月のマニトバ州のカナダ自治領参加を制定した法。その原型は1870年1月25日付でレッド・リバー植民地臨時政府がカナダ政府に陳情したメティスの〈権利宣言〉である。これには公務における英仏両語の使用や財政的援助のほか,〈この地域の住民が享受したすべての財産,権利,特権〉の擁護がうたわれたが,これにカトリック教育を認める公立学校(分離学校)制度を加えたものが,マニトバ法となった。【大原 祐子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

マニトバ法の関連キーワードリエルの反乱リエル

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android