マハカム川(読み)まはかむがわ(英語表記)Sungai Mahakam

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハカム川
まはかむがわ
Sungai Mahakam

インドネシア中部、ボルネオ島カリマンタン)東部を流れる川。全長644キロメートル。ボルネオ島中部のイラン山脈に源を発し、南東流して赤道を横切りマカッサル海峡に注ぐ。上流には多数の瀑布(ばくふ)があり激流をなす。中流部では大小多数の湖沼が点在し湿地帯を形成する。汽船はこの付近まで遡航(そこう)が可能。下流部は広大なデルタを形成し、名称はクータイKutai川となる。河口付近にカリマンタン・チモール(東カリマンタン)州の州都で農産物、石炭、石油の集散地のサマリンダがある。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android