コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハラノビス マハラノビス Mahalanobis, Prasanta Chandra

3件 の用語解説(マハラノビスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハラノビス
マハラノビス
Mahalanobis, Prasanta Chandra

[生]1893.1.29. カルカッタ
[没]1972.6.28. カルカッタ
インドの統計学者。カルカッタ大学ケンブリッジ大学で物理学を学んだ後,カルカッタのプレジデンシー・カレッジの物理学教授 (1922~45) ,同学長 (45~48) 。この間兼任していたカルカッタ気象台での仕事から統計学にかかわり,1931年に自ら設立したインド統計研究所で統計理論とその応用面で多大の業績をあげ,統計学におけるインド学派の確立に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

マハラノビス【Prasanta Chandra Mahālanobis】

1893~1972) インドの統計学者。インド統計研究所を設立・主宰し、多変量解析と標本調査法を体系化する。独立インド政府の経済顧問となり、経済開発五か年計画を指導した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

マハラノビス
まはらのびす
Prasanta Chandra Mahalanobis
(1893―1972)

インドの統計学者。カルカッタ大学、ケンブリッジ大学で学び、カルカッタ(現、コルカタ)のプレジデンシー・カレッジの物理学教授になり、1931年にはインド統計学研究所を設立した。彼は、統計学研究者として多くの業績をあげるとともに、インドの全国標本調査National Sample Surveyの基礎を確立するなど、統計学の理論と応用の両面で多大な貢献を行った。さらに、インド五か年計画の策定に従事し、資本財生産部門と生産財生産部門からなる2部門分割モデルにおいて、資本財生産部門への優先的投資を行うことによって、経済が長期的にはより急速に成長することを主張した。このマハラノビスの理論は、インドの経済計画の立案に大きな影響を与えるとともに、より広く、発展途上国重工業優先の経済発展モデルとして注目されてきた。[柳沢 悠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マハラノビスの関連キーワードシングルカットローカルカラーカルカパネルカットかるかんナーゲルカルクテレサ[カルカッタの]カルカッタ海運同盟カルカッタ植物園シュプールカッター

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone