コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーナディ川 マハーナディがわMahānadi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーナディ川
マハーナディがわ
Mahānadi

インド東部を流れる川。全長約 896km。マディヤプラデーシュ州南東部のイースタンガーツ山脈に源を発し,チャティスガル盆地を北東流,東流してオリッサ州に入り,イースタンガーツ山脈の北端部を峡谷をうがって横切り,海岸平野に出る。カタックからは多数の分流となり,広い三角州を形成してベンガル湾に注ぐ。インドで最もよく開発された河川の一つで,中流のサンバルプル北西には世界最大級のアース式のヒラクドダムがあり,発電のほかチャティスガル盆地や三角州一帯の灌漑に利用されている。古くから水運にも利用されたが,19世紀にカルカッタ-ナーグプル間に鉄道が建設されてからは,その重要性は失われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マハーナディ川の関連キーワードチョタナーグプル高原ブバネスワルスンダルガルボラーンギルビラースプルプールバニライガル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android