コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラトレク山脈 マハーバーラトレクさんみゃく Mahābhārat Lekh

1件 の用語解説(マハーバーラトレク山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーバーラトレク山脈
マハーバーラトレクさんみゃく
Mahābhārat Lekh

ヒマラヤ山脈の主脈 (大ヒマラヤ) の南にネパール中央盆地帯をはさんで東西に連なる山脈。南にはドゥン呼ばれる谷をはさんでシバーリク山脈が連なっており,その一部とされる場合もある。標高 1000~4000m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マハーバーラトレク山脈の関連キーワードヒマラヤ山脈ヒマラヤヒマラヤ杉チベットヒマラヤ山塊ヒマラヤ熊HIMARAYAカードヒマラヤ岩塩風呂ナンダ・コット[山]アルプス・ヒマラヤ地帯大ヒマラヤ