コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバーラトレク山脈 マハーバーラトレクさんみゃくMahābhārat Lekh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マハーバーラトレク山脈
マハーバーラトレクさんみゃく
Mahābhārat Lekh

ヒマラヤ山脈の主脈 (大ヒマラヤ) の南にネパール中央盆地帯をはさんで東西に連なる山脈。南にはドゥンと呼ばれる谷をはさんでシバーリク山脈が連なっており,その一部とされる場合もある。標高 1000~4000m。山体堆積岩から成る。大ヒマラヤから流出するガンジス川の諸支流が山脈を分断し,鞍部とともに交通路となっている。緩斜面では等高線耕作が行われ,山頂付近に達するところもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マハーバーラトレク山脈の関連キーワードヒマラヤ山脈

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android