コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤ文字 マヤもじ

百科事典マイペディアの解説

マヤ文字【マヤもじ】

約1300年前を最盛期として中米ユカタン半島でマヤ人の祖先によって用いられた文字。主に神官らにより暦や歴史の記録として用いられたとされている。表意的な要素と表音的な要素からなる複雑な体系を形成していたらしいが,完全には解読されていない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

マヤ文字の関連キーワードジョン・エリック・S. トンプソンコパンのマヤ遺跡ヒエログリフマヤ象形文字トンプソンイサパ文化ティカルマヤ文化マヤ語族絵文字マヤ語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヤ文字の関連情報