コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヤ語族 マヤごぞく

2件 の用語解説(マヤ語族の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

マヤごぞく【マヤ語族】

メキシコのユカタン半島からグアテマラにかけて分布する中米最大の語族。ワステック語・ユカテック語・ツェルタル語・マム語・キチェ語などがそれぞれ属する五つの語群からなる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典の解説

マヤごぞく【マヤ語族】

アメリカインディアン諸語の一語族。メキシコ南部のユカタン半島グアテマラベリーズを中心に分布する。30以上の方言に分かれ、総話者数は600万人にのぼる。なかでもグアテマラのキチェ語(230万人)とメキシコのユカテコ語(マヤ語ともいう:75万人)が多い。古代マヤ文化(最盛期は紀元300~900年)は、記号が単語とその音の表現をかねるマヤ文字を考案した。その資料などをもとにした研究によって、語族内部の系統分類はほぼ確立されている。文法的には、ほとんどの方言で動詞が文頭にくる、他動詞の主語に特別な格を用いる能格言語である、などの特徴がある。◇英語でMayan。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マヤ語族の関連キーワードアメリカインディアンアメリカインディアン諸語インディアンサピアナバホ語アメリカ地中海アメリカメキシコ戦争ケチュア語ニューメキシコネイティブアメリカン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone