コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヨラナ粒子 マヨラナリュウシ

デジタル大辞泉の解説

マヨラナ‐りゅうし〔‐リフシ〕【マヨラナ粒子】

電荷をもたない中性のスピン1/2の粒子のうち、反粒子が自身と同じもの。1937年にイタリアのE=マヨラナが考案したが、実験的にはまだその存在が確認されていない。現在、岐阜県の神岡鉱山跡にある実験装置KamLAND(カムランド)において、ニュートリノがマヨラナ粒子であるかどうかについての検証が進められている。マジョラナ粒子

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マヨラナ粒子の関連キーワードレプトン数、バリオン数の保存反ニュートリノ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android