コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヨラナ粒子 マヨラナリュウシ

1件 の用語解説(マヨラナ粒子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マヨラナ‐りゅうし〔‐リフシ〕【マヨラナ粒子】

電荷をもたない中性のスピン1/2の粒子のうち、反粒子が自身と同じもの。1937年にイタリアのE=マヨラナが考案したが、実験的にはまだその存在が確認されていない。現在、岐阜県の神岡鉱山跡にある実験装置KamLAND(カムランド)において、ニュートリノマヨラナ粒子であるかどうかについての検証が進められている。マジョラナ粒子

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone