マヨラナ粒子(読み)マヨラナリュウシ

デジタル大辞泉の解説

マヨラナ‐りゅうし〔‐リフシ〕【マヨラナ粒子】

電荷をもたない中性のスピン1/2の粒子のうち、反粒子が自身と同じもの。1937年にイタリアのE=マヨラナが考案したが、実験的にはまだその存在が確認されていない。現在、岐阜県の神岡鉱山跡にある実験装置KamLAND(カムランド)において、ニュートリノがマヨラナ粒子であるかどうかについての検証が進められている。マジョラナ粒子
[補説]トポロジカル超伝導体など、特定の超伝導体磁性体における、準粒子としてマヨラナ粒子と見なせる量子現象については、観測例がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マヨラナ粒子の関連情報